サービスロボット

2014.07.02
ZMPなど、物流支援ロボット開発、アシスト機能など装備

 ZMPは7月2日、物流支援ロボット「キャリロ」(写真)をTHK、日本電産シンポ、東京芸術大学と共同開発したと発表した。負荷アシストや自律移動などの機能を備えており、集配用台車などの代替として提案する。販売価格40万円程度で、2015年中の量産を計画する。
 
 手押しレバーを押すと前進し、作業者を補助する仕組み。また、人を追従して動く機能や、教示したルートを自律移動する機能も実装した。中規模物流倉庫などでの需要も見込む。3社共同開発のモータモジュールや充電池を搭載している。
 THKがクロスローラリング、日本電産シンポがトラクションドライブ減速機を手がけ、耐久性と静音性などを向上。東京芸術大学がデザインを担当した。
 
zmp_0703.jpg
 
 
【関連記事】



好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介