RT(Robot Technology)要素

2014.07.23
ワコーテック、60%に薄型化した3軸力覚センサ発売

 ワコーテックは、3方向の力およびトルクを検出する超低背型3軸力覚センサ(写真)を8月初旬に発売する。外形サイズを従来機種の約60%に薄型化した。研究機関や産業用ロボット、医療・福祉関連など次世代ロボットへの採用を促す。価格15万円(税抜き)を予定。2015年に年間1,000台の販売を目指す。
 
 補正処理などを行うマイコンを外付けにすることで薄型化した。外形サイズはφ63mm×厚さ12mm。検出原理には実績のある静電容量方式を採用し、高信頼性と耐久性を実現した。ロボットの小型化などに伴い、力覚センサの薄型化に対するニーズの高まり受けて開発した。
 
wacoh_0723.jpg
 
 
【関連記事】



好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介