その他ロボット関連

2014.04.17
三井住友海上保険、医療機関向け商品、介護ロボ運用リスクに対応

 三井住友海上火災保険は4月15日より、医療機関向けに新しい保険商品「医療機関総合補償プラン」の販売を開始した。クラウドサービスの利用による情報漏えいリスクなど総合的に補償するうえ、ロボット介護機器の運用によるケガなど今後、導入が進展する革新的医薬品および医療機器、介護機器の導入に伴う様々なリスクに対応した補償を提供する。新規に100法人への販売を目指す
 
 
【関連記事】
 



好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介