海外ロボット関連

2013.10.21
CYBERDYNE社、ドイツ国内でHALの実証実験を開始、NEDO実証事業

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は10月21日、CYBERDYNE(サイバーダイン)社のロボットスーツ「HAL」のドイツ国内での実証実験を開始したと発表した。NEDOの国際研究開発・実証事業として、ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州 経済エネルギー省と共同で、ボーフム市内の病院で実施する(写真は実証実験がなされるリハビリセンター)。CYBERDYNE社は今年8月に、同事業で「医療用HAL」でCEマーキングを取得しており、この経験を生かして公的保険への適用やドイツ国内での普及を目指す。さらには、欧州地域への展開も視野に入れる。

nedo_1021.PNG 10月18日に、NEDOの倉田健児副理事長と経済エネルギー相が現地で実証協定を締結した。
 CYBERDYNE社は、ドイツ国内での普及に向け、まずは公的保険を受けるための試験環境や運用管理システムを構築し、脳・神経・筋系の疾患患者を対象にした実証プロトコルを作成してデータの収集・分析に当たる。

 

 


【関連記事】
茨城県など、つくば国際戦略総合特区に医療ロボなど3プロジェクト追加 (2013/10/18)
サイバーダイン、HAL医療用でCEマーキングを取得 (2013/08/05)
サイバーダイン、ISO/DIS 13482の安全認証を取得、JQAが性能・安全性評価 (2013/02/28)
新潟病院、医療用HALの治験を開始へ、神経・筋疾患患者の歩行改善など検証 (2013/02/05)
サイバーダイン、医療用HALでISO 13485認証取得、ロボットでは初 (2013/01/22)
ドイツでの生活支援ロボの実証・海外展開支援プロ、サイバーダインに委託 (2012/12/07)
NEDO、ドイツでの生活支援ロボの実証・海外展開支援プロは採択なし (2012/07/28)
サイバーダイン、ベルギー大と提携、ロボットスーツでリハビリ臨床試験 (2012/06/12)
NEDO、ドイツで生活支援ロボの実証、海外展開を支援するプロジェクト (2012/05/07)




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介