その他ロボット関連

2013.09.23
ホンダ、自立歩行が困難な患者でも歩行動作させる試作機を公開

 本田技研工業(ホンダ)は、9月18~20日開催の「第40回 国際福祉機器展 H.C.R.2013」で、トレッドミル上で吊り上げて使用する歩行支援システムの試作機(写真、左は正面、右は背面)を公開した。自立歩行が困難な患者の歩行改善や疾患症状の進行抑制などへの適用を想定しており、トレッドミルの回転情報をもとに、股関節部と膝関節部に搭載した計4つのモータで強制的に歩行動作を行い、モータに内蔵したエンコーダ情報により歩行状態をモニタリングする。具体的には、脊椎性筋萎縮症(SMA)や筋萎縮性側索硬化症(ALS)、筋ジストロフィなどの神経・筋疾患患者への適用が見込まれるが、こうした患者を強制的に歩行させることで疾患症状の進行抑制や回復などの効果が見込まれるかは、ホンダ自身としては「わからない」(説明員)としており、「関連する先行研究を参考に、こうした方向性で研究を続けるか、または方針変更をするかを検討したい」(同)としている。

 システムの外観は、ロボットスーツ「HAL」の初期の試作機を彷彿とさせる。装着した患者の状態を検出するためのセンサ類は搭載しておらず、トレッドミルの回転情報をもとに、搭載モータにより強制的に歩行動作を行う。大腿部のフレームは、長さを調整することができ、身長160~180cmの人まで対応できるという。

 なお、ホンダでは、工場内で長時間の中腰作業や、階段や坂道での移動を伴う配達業務などの支援を目的に「体重支持型歩行アシスト」装置の開発を進めていたが、2年ほど前から開発を中止しているという。同システムは、床反力が重心方向に向かう性質に着目したのが特徴で、足裏方向から重心に向かってアシスト力を発生することで自然なアシスト感覚を発生する。詳細はこちら

honda_1_0923.jpghonda_2_0923.jpg


【関連記事】
ホンダ、2年ぶりにリズム歩行アシスト装置を出展、ハードウエアは完成 (2012/04/21)
ホンダ、リズム歩行アシスト装置の進化版を出展、最初は施設に向けての提供が妥当 (2010/04/17)
ホンダ、体重支持型歩行アシストを紹介、シートの形状やアシスト力を再検討中 (2009/05/21)




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介