行政・施策

2013.01.28
宇宙戦略本部、基本計画決定、ロボットによる月面探査は取り下げ

 政府の宇宙開発戦略本部(本部長:安倍晋三首相)は、宇宙産業の競争力強化などを柱とした次期宇宙基本計画を決めた。2013年度から5年間にわたる国の宇宙開発利用などの基本方針で、日本版全地球測位システム(GPS)「準天頂衛星」の整備や、人工衛星の輸出など産業振興を明確に掲げた。2020年度に宇宙産業規模を、現在の2倍となる14兆~15兆円に拡大することを目指す。なお、現行計画で2020年頃を目指してきたロボットによる月面探査計画は取り下げた。

 新計画は今後10年間を見据え、2017年までの宇宙基本政策を示す。測位衛星や気象衛星、通信・放送、宇宙輸送システムの4分野の産業振興を軸に取り組む。この中で最重点施策と位置づける準天頂衛星については、現在稼働している1基に加え、2010年代後半には4基に拡充し、将来7基体制を整えるとした。

 毎年400億円を投じている国際宇宙ステーション(ISS)向け予算は2016年以降に削減する方針。また、国産ロケットの開発では、2013年度に次期ロケット開発に向け検討を行い、5年以内にその結果を踏まえた措置を講じるとしている。


【関連記事】
【農作業ロボ中間成果1】中央農研など、自律走行や対人安全機能など披露 (2012/10/29)
【農作業ロボ中間成果2】京大、無人コンバインの自動位置決め制御を披露 (2012/10/30)
日本版GPSの経済拡大効果、2020年に2.5兆円と推計、経産省取りまとめ (2012/03/13)
ホワイトレーベルスペース、宇宙開発レースに参加、ロボで月面探査競う (2011/08/30)
東大阪宇宙開発協組、人型宇宙ロボットの開発に向け、技術・仕様で意見交換 (2010/04/28)
米GMとNASA、9月にヒューマノイドをシャトルで打ち上げ、無重力状態で動作検証 (2010/04/19)




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介