その他ロボット関連

2013.01.31
富士重工、国に13億円を返納、清掃ロボット不正受給問題

 富士重工業は31日、清掃ロボット事業の研究開発補助金を不正受給していた問題で、国などに約13億円を返納すると発表した。社外弁護士らの第三者調査委員会が不正の調査と返納額を算定した。不正の有無が判定できない案件も返納対象にした。返納金には金利や加算金も含まれる。

 同問題は、クリーンロボット部の元部長(懲戒解雇)が経済産業省や新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に補助金を不正に申請していた。

●「クリーンロボット部における不正行為に関する返納金等について(富士重工業)


【関連記事】
NEDO、富士重工に5億強を返還要求、清掃ロボット不正受給問題 (2013/01/31)
全容解明まで補助金の交付停止、富士重工の不正受給に対し (2012/02/21)
赤字決算の回避と事業継続が目的―富士重の不正行為、ロボ事業から撤退へ(2012/02/20)
《トレンドウォッチ》
RAシートや試験データなどの開示で安全技術の底上げを
― 富士重工の不正行為を受け、課題を考える
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.robonable.jp/mt/mt-tb.cgi/461




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介