公共/フロンティア

2012.12.07
HESと日立建機、福島原発建屋内の作業支援に向け双腕型小型重機ロボ開発

 日立エンジニアリング・アンド・サービス(HES)は7日、日立建機と共同で東京電力・福島第一原子力発電所建屋内での作業支援に向け、双腕タイプの小型重機型ロボット「ASTACO-SoRa(アスタコ・ソラ)」(写真左)を開発したと発表した。エンドエフェクタを交換することで各種作業に対応することが可能。各アームは高さ約2.5mまで到達することができ、最大で約150kgの重量物が扱える。おもに瓦礫除去や機材の搬送、遮蔽体の設置などでの利用を想定しており、来年以降の運用を目指して模擬設備での訓練に取り組む。

hitachi_1207-3.jpghitachi_p2_1207.PNG

 解体作業などで運用実績のある日立建機の双腕重機「ASTACO」に、HESの原子力施設における遠隔操作技術を組み合わせた。

 各種 作業に対応するため、「掴み具」「断具」「回転具」「カメラ付長尺アーム」を用意。レーザ距離計により対象物との距離を認識しつつ、これらを交換しながら瓦礫除去や機材の搬送などが行える。長尺アーム以外は遠隔操作により交換可能。長尺アーム搭載時は、高さ約6.5mまで到達することができ、施設内の高所の調査も行える。

 建屋内の狭所での移動に備え、幅980mmとコンパクトなボディとした。また、レーザ光により前方に車幅を投影することで、通路幅との間隔を視認できる機能も備える。
 操作は、ロボットに搭載した計6台のカメラ映像をもとに専用の操作盤(写真右)から行う。そのほか線量計などを搭載しており、操作盤のハードディスクに計測データを保存することができる。


【関連記事】
三菱重工、福島原発内での各種作業に向け双腕タイプの遠隔操作ロボ開発 (2012/12/07)
東芝、原子炉建屋内の調査や各種作業に向け4足歩行ロボット開発 (2012/11/21)
NEDO、原発事故処理対応ロボ2種公開へ、先行探査ロボと災害対策用HAL (2012/10/12)
クインス以上の踏破性の移動ロボなど開発、災害対応無人化システム開発プロ (2012/02/27)
災害対応無人化システム開発プロに日立、東芝、三菱重工、千葉工大など (2012/02/23)
東急建設と日立建機、双腕作業機による分離作業など披露、今月末に試験運用 (2011/03/12)
日立建機、不整地向け4脚クローラ式ミニショベルを開発 (2011/03/01)
日立建機、3月に双腕作業機を東京消防庁と川崎市消防局に納入 (2011/02/23)
【再掲】日立エンジ&サービスなど、配管検査システム開発、自走ロボで多様な現場に対応 (2010/03/24)
《特 集》
国民の理解と選択を支えに災害対応ロボットは強くなる
PART 1 ロボット大国と原発安全神話の真偽 ―原発災害対応ロボの必要性を報じてきたか?ほか  




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介