その他ロボット関連

2012.10.04
ドコモ、メガネ型ビデオフォン公開、正面から撮影したかのような映像を生成

 NTTドコモは、10月2~6日開催の「CEATEC JAPAN 2012」で次世代スマートフォンの一例として「ハンズフリービデオフォン」を参考出展した。メガネを装着するだけで、メガフレームに設置した複数の広角カメラにより、あたかも正面から撮影しているかのようにテレビ電話が行える(写真、動画1)。米Google社が取り組む、AR(Augmented Reality: 拡張現実感)応用のメガネ型ウェアラブルコンピュータ開発プロジェクト「Project Glass」(動画2)に似ているが、こうしたメガネ型デバイスの普及後を見据えた1つの提案であり、「搭載カメラを増やした結果、このようなシステムになった」(ドコモ説明員)という。メガネ型デバイスは次世代スマートフォンの一形態になるとしつつも、ビデオフォンにこだわらずにメガネ型デバイスの可能性を追求する。

docomo1_1004.jpgdocomo2_1004.jpg

写真 公開したハンズフリービデオフォンのコンセプトモデル(左)と装着例(右)

 メガネ型デバイスに自分撮り用の4台と背景撮影用1台の計5台の広角カメラを搭載しており、これらの画像を合成することでハンズフリーでのテレビ電話を可能にする。

  具体的には、メガネフレームに設置した4台の広角カメラで装着者を撮影し、これらの画像を組み合わせて顔の映像を生成。カメラでは撮影できない手や口の動きは、装着者のCGモデルや音声信号をもとに補完する。そして、端末後部の広角カメラで撮影した背景に対し、装着者の上半身のCG映像を合成して、あたかも正面から撮影しているかのように通話相手に表示する。ただし、公開したコンセプトモデルはディスプレイを未搭載のため、通話相手の映像を見ることはできない。
  メガネ型デバイスのデザインは、日本ロボット学会誌の表紙イラストなどで知られるT-D-Fの園山隆輔氏が手がけた。

動画1 NTTドコモが公開したハンズフリービデオフォンのデモ。複数の広角カメラにより、背景を映しつつ、あたかも正面から撮影しているかのようにテレビ電話ができる。

  併せて、利用イメージ例も紹介しており、ビデオフォンに加え、複数センサとの組み合わせにより手の動きからキーボード入力を読み取る「バーチャルオフィス」、利用者の健康をモニタリングする「バイタルモニタリング」、商品映像などを映し出す「ARショッピング」などを示していた。
 公開したコンセプトモデルは搭載カメラの増大により可能になるアプリの一例として示したものであり、ドコモ自身は、このようなビデオフォンには否定的な見解を示している。ただ、GoogleのProject Glassなどの取り組みを通じて、メガネ型デバイスが次世代スマホになるとの見方をしており、こうしたデバイスの普及後を見据えて様々な提案をしたいとしている。

動画2 米Google社 による「Project Glass」のコンセプトビデオ


【関連記事】
エプソンなど、HMDとAR技術で聴覚障害者の避難を支援する実証実験 (2012/08/23)
神奈川工大、ハンズフリーの入力I/F開発、まばたきによる筋電位を活用 (2012/04/19)
宮崎大学、顔表面筋電位で操作するハンズフリー電動車椅子を公開 (2011/10/08)




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介