サービスロボット

2011.11.08
安川電機、スマートパルの新版を紹介、作業範囲をさらに拡大

  安川電機 ロボット事業部の南善勝部長は7日、「第6回 日中韓ロボット研究者交流ワークショップ」で講演し、その中で、9~12日開催の「2011国際ロボット展(iREX2011)」で公開するサービスロボット「SmartPAL(スマートパル)」の新版「同Ⅶ」の概要(写真)を紹介した。アームのスリム化を図ったほか、ステレオカメラなどの搭載により環境認識機能を強化した。iREX2011ではモーションキャプチャシステムを利用した遠隔操作によりSmartPalⅦを介した人と人とのコミュニケーションを披露する。

smartpalⅦ.jpg

 2007年に発表した「同Ⅴ」では体型の大幅なスリム化を図ったが、同Ⅶでは小型モータの採用によりアームのスリム化を図った。φ105mmからφ80mmとしている。また、同Vでは腰部ユニットの搭載により作業範囲の拡張を図ったが、旋回軸を追加することで作業範囲をさらに拡大。これに伴い、万一の人との接触に備え、アームの外装を柔軟素材で被覆するとともにタッチセンサを付加した。

  センサ類も強化しており、頭部にはパン・チルトが可能なステレオカメラと赤外線センサを、移動部にはジャイロセンサをそれぞれ搭載。環境認識機能を強化しつつ、自律移動の精度を向上した。さらに、移動部に安全管理ユニット(安全関連系を指すと推定される)を搭載し、安全な移動を可能にした。追加機能の詳細についてはiREX2011で紹介する。
  なお、SmartPALⅥは研究用として機能強化したモデルとなっており、正式発表はなされていない。


【関連記事】
ロボ市場創出には今ある技術を忘れ、頭を空にして市場を見ること、モノづくり推進会議 (2010/11/12)
安川電機、センサレス制御の適用例を紹介、生活空間での安全な作業の継続が期待 (2009/09/23)
安川電機、協調制御モジュールなど生活支援に役立つ知能化モジュール紹介 (2009/09/17)




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介