RT(Robot Technology)要素応用

2011.07.13
三洋ホームズ、HEMS・ロボ搭載スマートハウスをモニター販売

 三洋ホームズは、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)とロボットで構成される「未来家族」搭載のスマートハウスのモニター販売を15日から開始する。期間は8月31日まで、100棟を募集する。同社の新築一戸建て住宅を新たに契約する場合に、HEMSとロボットを導入することができる。HEMSとロボットの価格は69万円程度を見込むが、正規販売価格は未定。モニター販売の状況を見ながら、2011年度中の本格発売を目指す。

0713sanyo.jpg モニター販売するロボット「MIRAI SANZO(ミライ サンゾー)」は、「Android(アンドロイド)」OSを採用したロボット。Android OSを搭載した量産型の家庭用ロボットの販売は国内初という。ロボットを介して家庭内のエネルギー消費量をモニタリングすることができる。

 東芝ホームアプライアンスのホームITシステム「フェミニティ」と、ナノコネクトの音声制御アプリを搭載しており、例えば「リビング、エアコン、ON!」といえばエアコンをONにするなど、各家庭機器を音声で操作することができる。パソコンや携帯電話からも操作も可能。また、日本語を少しだけ話したり7色で気持ちを表現したりするなどコミュニケーション機能も備える。サイズは直径22cm。


【関連記事】
ウィアー・エンジ、NFCを活用したアンドロイド端末向けアプリ開発 (2011/05/24)
アールティ、Android OS対応のI/Oモジュール発売、スマホと連携可能に (2011/05/11)
スマートフォンで野菜栽培、ブリリアントサービスがシステム試作 (2011/05/11)
神奈川工科大、スマートフォン用いたモニターシステムを開発 (2010/12/13)
慶大、Androidケータイ用の色覚障害者向けアプリ開発 (2010/11/09)
アールティとブリリアント、Androidで動作する2足歩行ロボをレンタル提供 (2010/09/30)
ナノコネクト、米Google「Android」技術習得ツール開発、ロボットの制御を通じて学習 (2009/11/16)
 




好評連載がついに書籍化!


―東大研究者が描く未来―


国内外の事業例を解説


消費者が描く未来生活を紹介