ロボットの製作とオンラインカジノ作成はどっちの方が複雑?インターネットカジノのアルゴリズムって何?

 

ロボットの製作とオンラインカジノ作成はどちらの方が難しいのか。

そもそもが全く別ジャンルであるため比較すること自体ナンセンスのような気もする。

しかも、ロボットもネットカジノゲームも多種多様だからだ。

例えば「音に反応するロボット」を作るのは非常に簡単だが、「鉄腕アトムのようなロボット」を作るのは現代の技術ではまず不可能である。

だから私は「ロボット作り」と「ネットギャンブルゲーム作り」を比較するのではなく、「オンラインCasinoゲーム作成のノウハウが、ロボット作りに活きる部分はないか?」という部分について語りたい。ちなみに興味がある方にはこちらからオンラインカジノおすすめランキングをご覧ください。

私が最も注目しているのはオンラインギャンブルゲームの「確固たるランダム性」である。

運が絡むギャンブルゲームなのだから、その運に偏りがあってはならない。

そのランダム性は「Random Number generator」によって成り立っているのだが、それ自体が「NMi」と「GLI」という全世界で信用されている第三者組織に審査され、「ランダムである」という承認を得ているようだ。

私はこの「Random Number generator」はロボット作成にも活かすことができると考えている。

特に「運の要素が強いゲームの相手になるロボット」には不可欠な機能であろう。こういったロボットは「高齢者施設のリハビリテーションやレクリエーション」、または「そのゲームの競技者のトレーニング相手」などとして活用できると考えているが、この場合「確固たるランダム性」がなければ話にならない。

仮にランダム性が低かったとすれば、すぐに「クセ」が見つかってしまい、特にゲームの熟練者であればすぐに法則性を見つけ出してしまうことだろう。

「ランダム性」というものは実は非常に重要であると言える。

「ロボット」と聞くと、「決まったシチュエーションで、決まった動きを見せる」ということを連想する人が多いと思うが、場合によっては「決まったシチュエーションで、25%の確率でABCDの動きを見せる」というアルゴリズムも必要なのだ。

そして、そこに「○回連続で負けたらやめる」「○万円勝利した時点でやめる」など(実際はもっと複雑)、ロボットが得意とする「ランダム性のないアルゴリズム」も盛り込むことができれば、もしかしたら「オンラインカジノで稼ぐためのロボット」というものも完成するかもしれない。

まあ、「ロボットを使ってインターネットギャンブルで儲けて楽しいのか」という問題はあるし、規制も入るかもしれないが……